0297626561
茨城県龍ヶ崎市根町3316

再生医療PRP療法
【自由診療】

傷ついた組織を修復する再生医療-PRP
(多血小板血漿)療法とは

PRP療法の適応疾患

PRP療法は、様々な怪我や病気の治療、そして近年では美容医療にも効果が認められています。特に歯科治療や肌再生治療などに広く普及している治療法です。PRPは傷口の回復を早めることから、海外では手術後の傷口処置にも用いられています。
整形外科においても適応制限は特にありません。野村医院では変形性膝関節症、関節炎などの一般的な病気や、スポーツによる腱炎や靭帯損傷、肉離れなどに対してPRP療法を行っております。

Merit & NotePRP療法のメリットとご留意点

メリット

副作用が少ない

PRP療法は患者さんご自身の血液によって組織の修復を促す治療であるため、アレルギー反応、副作用が少ないことが大きなメリットです。

ご留意点

保険外治療になります。
自己細胞の働きは効果に個人差があります。

PRP療法は保険外治療であるため、治療費は全額自己負担となります。
また患者様によって効果・持続時間に個人差があります。

変形性関節症

痛みの緩和、変形の進行抑制に効果が期待されます
人工関節しかないと言われた方も症状が改善できる場合があります

変形性関節症では、関節の膝の変形が進むごとに軟骨が徐々にすり減ってきて、関節の中にある組織が炎症を起こし、痛みを引き起こしたり、水が溜まったり半月板が傷んだりします。
これまでの、変形性関節症に対する治療法は、痛み止めの処方やヒアルロン酸の注射などでしたがが、こうした既存の治療を受けても効果がなかった場合でも、PRPを注射することにより改善されるケースがあることが分かりました。

患者様の血小板から作製されるPRPには炎症を防ぐ因子や、細胞や血管を成長させる因子が含まれており、関節内に投与することにより、傷んだ組織の修復を促したり膝関節疼痛や軟骨組織の炎症・分解を抑制する効果が期待できます。

PRPは自分の血液から作製される有効成分を注入するだけの治療ですので、副作用が起きにくいというのもこの治療の特徴です。当院では、これまで特に副作用は認められず、良好な結果が得られております。

  • 関節炎には、血小板に含まれるサイトカインの働きが期待できます。サイトカインとは、免疫をつかさどる細胞から分泌されるタンパク質で、異物を排除して炎症を抑える働きがあります。関節内で炎症が続くと、慢性的な痛みを引き起こす原因となるため、PRPを注入することで炎症を抑え、痛みの軽減を目標に治療を行っていきます。
  • 軟骨のすり減りには、血小板に含まれるさまざまな成長因子が効果をもたらします。成長因子は培養軟骨細胞の増殖や軟骨基質産生に影響を与えると報告されており、すり減った軟骨の細胞に成長因子が作用することで、軟骨の組織が合成されるなどの効果が期待できます。

靭帯損傷・肉離れ・腱炎

スポーツ外傷、靱帯周囲炎などの靱帯周囲疾患の早期回復、症状の完治を目指します

最近、右肘靱帯の部分断裂で野球の田中将大投手が手術を回避するために選択したことで靭帯・腱へのPRP治療は一躍注目されることとなりました。

難治性の外傷・障害の治療として、これまではステロイド剤であったり、手術しか選択肢のない方もいらっしゃいましたが、副作用や体への負担が懸念されることは排除できず、総体的に改善に時間がかかることが課題でした。

日常的に使用する筋や腱は症状が繰り返されることが多く、組織がなかなか治りにくい環境になってしまっている場合が多いのですが、PRPを注入をすることで、損傷部位に本来あった自己治癒力を活性化し、組織修復を促進する環境へと整えていくことが可能になります。

PRP療法は患者様ご自身の血液から作られた成分の治療なため、ウイルス感染やアレルギー反応をおこす危険性がなく、これまで特に有害事象の報告はありません。また、薬品を使用しないため、スポーツ選手のドーピング検査への心配もなく、安全な治療法として認知度が高まってきています。

整形治療分野で長年実績を持つ野村医院では、これまでに、中高年の方々、学生の方、そしてプロスポーツ選手まで、幅広い対象の方にこの治療を行っております。他院で手術を勧められたが負担を懸念し、PRP療法の可能性に期待して来院され、結果的に手術を回避できた方もいらっしゃいます。非常に副作用の少ない治療ですので、数ある治療のうちの一つの選択肢として、特に既存の治療法への反応が乏しい方は一度当院までご相談ください。

  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • 上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)
  • 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  • アキレス腱障害
    (アキレス腱炎・腱周囲炎)
  • 足底腱膜炎
  • 半月板損傷
  • 肩関節周囲炎
  • 難治性骨折など

従来の治療で効果が見られなかった患者様でも症状が改善される可能性があります

PRP治療は、ご自身が本来持っている治癒能力を引き出す治療法なので、従来の治療法で改善されなかった患者様でも効果が期待できます。

特徴

  • 01/ 痛みの軽減

    継続的に注射、鎮痛剤を必要としている症状が軽減される場合があります

  • 02/ 効果の持続性

    変形性膝関節症に対してはヒアルロン酸の注入が行われることがありますが、吸収が早く、3日〜消失が始まるため、標準的な治療として1週間毎に連続5回注入する必要があります。PRP治療は即効性はないものの、自分自身の組織を修復する治療なので、治療2ヶ月後くらいから~約1年程度と効果の持続性が長く、長期間にわたって治療効果が認められます。治療・通院回数の負担も軽減されることが特徴です。
    ※ただし、治療の効果や持続時間は個人差があります。

  • 03/ 条件

    持病をお持ちの方、ご高齢で手術が受けられない方でも適応が可能な場合があります。詳しくは診察時にご相談くださいませ。

AGA・薄毛治療

従来の治療法の副作用・アレルギーを心配される方に”PRP(多血小板血漿)育毛療法”

自家多血小板血漿( Platelet Rich Plasma: PRP)によるAGA・薄毛治療法とは、血液から抽出した血漿を濃縮し、作成した高濃度の血小板・成長因子を頭皮に注入する治療法です。ご自身の血液から抽出・濃縮した成分なので副作用やアレルギーの心配もほどんどなく、また、PRPの持つ細胞を活性化させる力による高い治療効果が期待できます。

  • PRPが注入された頭皮は血流が良くなることで毛根幹細胞が分化を始め、毛包の細胞を刺激し、毛の成長を促します。PRPの持つ自己再生力を高める効果を利用し、毛根細胞の寿命を長くする治療なため、比較的困難と判断される原因による薄毛にも効果が期待できます。

副作用がほとんどなく安心して受けられる

ホルモンに作用するタイプの投薬によるAGA治療で下記のような症状が認められ、治療ができないと診断された患者様にも、PRP育毛療法であれば治療が可能です。

PRP育毛療法は患者様自身の血液によって組織の修復を促す治療であるため、副作用がほとんどないことが大きなメリットです。

発毛環境を根本から改善する

薄毛・抜け毛の原因のひとつとして、細胞の減少や頭皮の発毛力自体の低下があります。その場合、自然治癒することがないため、ホルモン治療により発毛しても、抜けやすい体質自体は変わりません。
PRP育毛療法による発毛治療は、患者様ご自身の細胞を活性化させ、脱毛の原因となる頭皮の環境そのものを修復、改善することを目的としているため、発毛後の頭皮の健康と毛髪の定着を助け、より長く効果が続くことが期待できます。
今現在薬(プロペシア・ミノキシジル)による治療を受けていらっしゃる方は併用可能です。
診察時にお気軽にご相談くださいませ。

女性の薄毛・脱毛症にも安心

現在多くの発毛薬・育毛剤が販売されていますが、そのほとんどは男性向けで、女性が使用でき、且つ副作用の少ない商品は限られています。その理由として、発毛に関するホルモン治療の副作用の影響を女性がより受けやすいことがあげられます。
PRP育毛療法による発毛治療は、ご自身の血液から採取した成分で治療するため、女性の方にも安心してお受けいただけます。

肌再生治療

組織修復、創傷治癒などのはたらきを持つ血小板の力でお肌を根本から修復していく治療です

多血小板血漿( Platelet Rich Plasma: PRP)を用いた肌再生治療は、ご自身の採血した血液の中から血小板を集め、濃縮し、血管新生、線維芽細胞活性化、コラーゲン合成などを助ける成長因子とともに改善したい部位の皮下へ注入するという治療です。

  • 血小板には多くのサイトカイン*が含まれていて、若々しいお肌に必要不可欠であるコラーゲンやヒアルロン酸を増やし老化した皮膚を細胞レベルで再生させます。その作用によりしわやたるみが改善し、お肌にツヤとハリをもたらす治療がPRP肌再生療法です。ご自身の血液成分を使うので安全で副作用が少ない上に効果が高く、持続時間も1年以上と長持ちすることが特徴です。

PRPに含まれるサイトカインと効能

  • PDGF

    細胞増殖

    血管新生

    コラーゲン産生

  • VEGF

    血管内皮細胞の増殖

    血管新生

  • EGF

    上皮細胞の増殖促進

    創傷治癒

  • TGF-β

    上皮細胞増殖

    血管内皮細胞の増殖

    創傷治癒

Platelet-rich Plasma for Skin Rejuvenation and Treatment of Actinic Elastosis in the Lower Eyelid Area

下眼帯における皮膚再生·活性過形成のPRP治療例

研究論文URL:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6260498/#!po=0.943396

参照元:
National Center for Biotechnology Information, U.S. National Library of Medicine

  • ・目尻のしわ
    ・目元の小じわ、くま
    ・法令線
    ・口周りのしわ
  • ・額のしわ
    ・肌の活性化
    ・手の甲のしわ
    ・首のしわ

また、当院でご提供しているレーザー治療、ヒアルロン酸・ボトックスなど美容治療との併用で更に高い効果と持続性が期待できます。詳しくは診察時に医師にご相談ください。

肌を活性化し、皮膚に弾力を与える

PRPは、ご自身の血液を使う自家細胞移植なので異物反応が少なく、感染やアレルギーの心配がありません。コラーゲンや皮膚に弾力を与えるエラスチンを産生するため、肌の表面のハリ、瘢痕部や陥凹部、しわの治療に有用と考えられています。

  • 美肌効果

    皮膚が活性化しお肌にハリやツヤが生まれ、しわやたるみを改善します。

  • 人に気づかれにくい

    お肌全体にPRPを注入する美肌治療であれば腫れや内出血も目立たず、翌日からお化粧でカバーできます。効果は徐々に現れ仕上がりもナチュラルですので、周囲の方に気づかれずに若返ることができます。

  • 自然な仕上がり

    ご自身の血液成分に反応してお肌が再生されますので、仕上がりは非常に自然です。

  • 効果が長持ち

    お肌自体が生まれ変わる再生医療ですので効果が1年以上と長く持続することが多いのが特徴です。(持続時間には個人差があります。)

PRPを高濃度に凝縮、活性化

抽出されるPDGF(血小板由来成長因子)は、同量の採血から作られたPRPの2倍以上*
無添加・防腐剤フリー
*Araki J, et al. Tissue Eng Part C Methods 2012; 18 (3): 176-185.

セルソース株式会社について

再生医療事業を展開するセルソース株式会社は、多血小板血漿(Platelet-rich plasma、以下「PRP」)を更に濃縮して成分を高め、フィルターを通して無細胞化し、かつ凍結乾燥させることにより常温での安定した輸送と長期保存を可能とするPFC®フリーズドライ製法につき特許を取得。

この調製により、1度の採血で複数回治療分のPFC®を作製できることで、患者様のご負担軽減も実現。また、PFC®に含まれる一部の成長因子の総量は、従来のPRPよりも多いことが立証されており、より高い効果の還元も可能にしています。

変形性関節症・
靭帯損傷・肉離れ・腱炎

16.5万円/1回(税込)

※初診料込み
※局所麻酔代含む
※入院不要

施術内容:
PRPを注射器を用いて患部に注入。
施術後そのまま歩いてお帰りいただけます。

AGA・薄毛治療

20万円/1回(税込)

(注入範囲により1〜3回)

※初診料込み
※局所麻酔代含む
※入院不要

より効果を実感していただくため


プロペシアとの併用も可能です。詳しくは診察時にご相談くださいませ。

肌再生治療

20万円/1回(税込)

(注入範囲により 1部位 ~3回)

※初診料込み
※局所麻酔代含む
※入院不要

アクセス
診療科目
お電話