0297626561
茨城県龍ヶ崎市根町3316

整形外科

交通事故や、日常生活での怪我・痛み、スポーツでの外傷治療等

整形外科

怪我 / 骨折 / 打ち身/ 捻挫/ 肩こり / 腰痛/ 膝痛/ むち打ち/ 手足のしびれ/ ギックリ腰/ 五十肩/ スポーツ障害/ 労働災害

上記などの症状に対し、私たち整形外科スタッフは、「手当て」させていただく気持ちでやさしい対応を心がけております。

また、一般的な整形の症状以外にも、背中や腰の痛みは骨や筋肉からだけでなく、肝臓、膵臓、子宮などの病気が原因となっていることがあります。
野村医院は全員親族からなる整形外科医、内科医、婦人科医が「あうんの呼吸」で診療し、解決に向かいます。また、手術が必要な重度の脊椎の症状の場合、大川院長の次兄で慶和病院院長、大川章裕医師による診療もご案内しております。

理学療法(電気治療やマンツーマンのレーザー、ストレッチ指導など)、リハビリ治療もご高齢の方を始め、プロスポーツ選手まで幅広くご来院いただいております。

重度の痛みには注射治療も可能です

お痛みの度合いに応じて、数種神経ブロック、鍼、点滴、ヒアルロン酸注射などを行なう事が可能です(一部自由診療となります)

患者様のご希望または必要に応じ、周辺医療施設や、接骨医、都内の高度医療施設、海外の医療施設とも連携し、患者様にとってより通いやすい医療施設を目指しております。 長引くつらい痛みにお悩みの、あなたやあなたのご家族も「仕方がない」とあきらめないでぜひ野村医院においでください。長年の経験がきっと皆様のお役に立つと私たちは考えております。



交通事故外来

交通事故に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます

事故後に発症した頭や首、肩の痛み(いわゆるむちうち症)、腰痛、障害を受けた関節の可動制限などの後遺症症状は思いのほか長引く事があります。

しかし、多くのこの苦しみはご本人以外の方々からは、なかなか理解いただく事ができていないようです。
損保会社、職場の方々、時に担当医にまで「もう治ったでしょう」と言われ、心理的にも被害を重ねて受けてしまっている方も多くいらっしゃいます。
私たちは痛みがなく、速効性が期待できる除痛専用のレーザー機器などで理学療法を行ったり、内服薬、貼付薬、トリガーブロック注射、神経ブロックなどの治療を皆様の症状に合わせて行います。

また、接骨院での治療の継続をご希望の方にも、医療施設での定期的な診察が必要と考えております。そのため、接骨院との連携、必要に応じて高度医療施設での検査、治療の紹介もさせていただいております。
そして、交通事故に遭われた方が多く通院される当院だからこそ、ご案内できる、交通事故後の手続きについて、症状の種類や疑問、お悩みを真摯に伺いながら交通事故被害に遭われた方へ対応をさせていただきます。他院・他施設に長い間通っていても、症状が改善しない場合などもご相談ください。

何より皆様のつらいお気持ちを伺う事がとても重要だと私たちは考えます。
まずはお気軽にご来院くださいませ。

ペインクリニック

長引く痛み、ご相談ください

私たちは肩こり、腰痛、膝のつらい痛みに対し、専用部門を設け治療を行っております。他の接骨院、整体、病院で良くならかった方、多くの麻酔経験、腰痛、肩こり、膝痛治療実績を持つ大川院長が担当いたします。


軽度の痛みにレーザーや電気治療など、強い痛みにはトリガーポイント注射、腰部神経ブロック、硬膜外ブロック、椎間関節ブロック、鍼、神経血流改善剤の点滴など、あなたに合った治療法をご案内いたします。膝や肩の関節の炎症と痛みの軽減には、ヒアルロン酸注射や、再生医療PRP治療も行っております。保険適応の治療と、自由診療、それぞれ適切なご案内をいたします。

また、他の医療施設、接骨院とも連携しており、かたよらない医療をお受けいただく事ができます。

再生医療PRP療法 【自由診療】

組織修復、創傷治癒などのはたらきを持つ、血小板の力で症状を根本から修復していく治療です

多血小板血漿( Platelet Rich Plasma: PRP)を用いた再生医療PRP療法は、ご自身の採血した血液の中から血小板を集め、濃縮し、血管新生、線維芽細胞活性化、コラーゲン合成などを助ける成長因子とともに、改善したい部位へ注入するという治療です。

  • 手足を怪我して出血してしまった時、短期間で傷が塞がっていき、かさぶたが出来て、数週間過ぎた頃、気づいたら治っているということがあると思います。この傷を治癒する働きは、血液に含まれる”血小板”によるものです。血小板は血管や細胞を修復したりする働きを持ち、その中に血管新生、線維芽細胞活性化、コラーゲン産生などを助ける成長因子が含まれています。この血小板を濃縮した血漿(PRP)を作製し、これを患部に注射するのがPRP療法です。PRPを患部に注射すると、、様々な分子が患部の細胞に働きかけ、人が本来持っている治癒能力や組織修復能力、再生能力を引き出し、組織再生や創傷治癒を促したり、抗炎症作用を発揮したりすることで、難治部位の組織が修復され、痛みが取り除かれていくと考えられています。
  • 副作用・デメリット:
    ・数日〜1週間程度の注射による痛み、反応痛
    ・腫れ、熱感などを数日伴うこともあります
    ・お体の状態によっては受けられないこともあります
  • ご留意点:
    ・治療は保険適用外です。自由診療での提供となるので、費用は10割負担となります。
    ・効果の出方にばらつき、個人差があります。

PRPに含まれるサイトカインと効能

  • PDGF

    細胞増殖

    血管新生

    コラーゲン産生

  • VEGF

    血管内皮細胞の増殖

    血管新生

  • EGF

    上皮細胞の増殖促進

    創傷治癒

  • TGF-β

    上皮細胞増殖

    血管内皮細胞の増殖

    創傷治癒

Platelet-rich Plasma for Skin Rejuvenation and Treatment of Actinic Elastosis in the Lower Eyelid Area

下眼帯における皮膚再生·活性過形成のPRP治療例

研究論文URL:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6260498/#!po=0.943396

参照元:
National Center for Biotechnology Information, U.S. National Library of Medicine

  • ・変形性膝関節症
    ・半月板損傷
    ・靭帯損傷
    ・肉離れ
  • ・痛みの緩和
    ・膝蓋靭帯炎
    ・スポーツによる外傷
    ・スポーツ障害

詳しくは診察時に医師にご相談ください。

副作用が出にくい

PRPは、ご自身の血液を使う自家細胞移植なので、異物反応が少なく、感染やアレルギーの心配が少ないことが特長です。

  • 手術不要、日帰り治療

    手術や入院が必要ないため、日帰り、短時間で治療を受けていただけます。

  • 慢性的な膝の痛みにも

    細胞分裂を活発にする物質が、痛みの根本改善を図るため、難しい慢性的な痛みにお悩みの方にも。

  • 体への負担が少ない

    少ない量の採血と注射のみですので、体への負担が少ないことがメリットです。

  • 効果が長持ち

    細胞自体が生まれ変わる再生医療ですので、効果が1年以上と長く持続することが多いのが特徴です。(持続時間には個人差があります。)

アクセス
診療科目
お電話