0297626561

よくあるご質問

野村医院のPRP治療について多く寄せられる質問とその回答をご紹介します

Q.治療中の痛みはありますか?
細い針を使用し、局所麻酔も併用するためほとんど痛みはありません。
Q.効果はどれぐらいで現れますか?
PRP療法は人によって効果の出方が異なります。1週間前後で効果が出る方もいれば、3~6か月頃から表れる方もいらっしゃいます。ただ、徐々に組織自体が回復して行く治療ですので、長期間に渡り効果が認められています。
Q.安全な治療法ですか?
ご自身の血液を用いるので、アレルギーなどもなく高い安全性を誇ります。注射により痛み、赤み、腫れなどが出ることがありますが、厚生労働省にも重䔍な副作用は報告されていません。
Q.留意点はありますか?
保険適用ではないので全額自費診療となること。患者様の年齢や体調、喫煙の有無などによって効果が出にくい場合があります。
Q.治療後の制限はありますか?
当日は激しい運動や飲酒、治療部位へ強い刺激が加わるようなこと(エステやマッサージなど)はお控えください。
Q:治療回数が少ないのはどうしてですか?
PRPが細胞自身を活性化し、その効果が3か月から1年ほどかけ細胞活性を持続するからです。
Q.注射治療以降はもう治療をしなくてもいいのでしょうか?
良好な状態になった後は持続の意味で半年~1年に1回の施術をされていくことで効果は持続されていきます。
Q.男性・女性関係なく効果はありますか?
男性のAGA、女性のびまん性薄毛にも効果が認められます。ただし何らかの免疫性疾患による脱毛の場合、効果が出ないことが予想されます。そのため当院では免疫の病気、感染症を含む血液検査を行います。
Q:ホームケアでローション使用や飲み薬を飲んだほうが良いのでしょうか?
基本的に外用薬・内服薬は不要な治療です。
しかし、栄養不良は毛髪の成長を阻害しますので、タンパク質不足、亜鉛・鉄不足を補正するよう、食事の改善、サプリメントの摂取をお勧めします。
男性の場合、男性ホルモン制御の飲み薬、プロペシア・ミノキシジルとの治療との併用も可能です。
Q.施術後の腫れ(ダウンタイム)はありますか?
PRP療法の腫れは、部位にもよりますが当日をピークに3日~2週間で落ち着きます。ほうれい線などは比較的腫れが目立ちにくく、実際の患者様でも、翌日からのお仕事に支障がなかった、というお声をいただいております。
Q.自分の症状にどの施術が一番良いのか分かりません
PRP療法は、目の上下のちりめんじわ、ほうれい線などの深いしわや、軽いたるみに高い効果を発揮します。また、ご自身の血液を使った施術なので、アレルギーが心配な方にもおすすめです。施術に迷われる場合は、一度、カウンセリングでご相談されることをおすすめします。
Q.PRPは効果に個人差があると聞きました
即効性はありませんが、約2か月から組織の修復が起こり、自然な効果が認められてきます。自分自身の組織を修復する治療なので、効果やその持続期間には個人差がありますが、薬と異なり長期間にわたって治療効果が認められます。
Q痛みはありますか?
痛みに弱い方には希望によりテープまたはクリーム麻酔をお勧めしております※有料